人気記事ランキング

デフォルトゲートウェイの設定 routeコマンド

リアルタイムでデフォルトゲートウェイを設定するには、routeコマンドを利用します。

現在の設定の確認

routeコマンドで表示されるDestinationが"default"のGateway値、ここでは"192.168.0.1"が現在設定されているデフォルトゲートウェイです。

route
-------------------------------------------------
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.100.0   *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
192.168.122.0   *               255.255.255.0   U     0      0        0 virbr0
169.254.0.0     *               255.255.0.0     U     0      0        0 eth0
default         192.168.100.1   0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0
-------------------------------------------------

デフォルトゲートウェイの削除

デフォルトゲートウェイを再設定するには一度現在の設定を削除する必要があります。実行した時点でネットワークがつながらなくなることがあるので、リモートログインしている際には注意してください。

route delete default

デフォルトゲートウェイの設定

route add default gw 192.168.0.1

設定ファイルによるデフォルトゲートウェイの変更

設定ファイルを変更してネットワークをリスタートすることでデフォルトゲートウェイを変更することもできます。

vi /etc/sysconfig/network
--------------------------------
GATEWAY=192.168.100.1
--------------------------------

設定変更後すぐに設定を反映

/etc/rc.d/init.d/network restart

他の人はこんな記事を読んでいます