samba設定 SWATインストール

Pocket

CentOSにsambaの設定とsambaのWEBベースの管理ソフトSWATをインストールする。
ServerでインストールするとデフォルトでsambaがインストールされるのでサービスsmbをONにして起動する。

chkconfig smb on
service smb start

SWATを利用するにはWebサーバも起動している必要があるのでhttpdをONにして起動する。

chkconfig httpd  on
service httpd start

SWATをインストールし、SWATが利用する901番ポートを空けるためxinetdの設定をする。

yum -y install samba-swat
vi /etc/xinetd.d/swat
-------------------------
# default: off
# description: SWAT is the Samba Web Admin Tool. Use swat \
#              to configure your Samba server. To use SWAT, \
#              connect to port 901 with your favorite web browser.
service swat
{
port            = 901
socket_type     = stream
wait            = no
only_from       = 127.0.0.1
only_from       = 192.168.0.0/24 (許可するネットワークを追加)
user            = root
server          = /usr/sbin/swat
log_on_failure  += USERID
disable         = no  (変更)
}
-------------------------

xinetdを再起動してSWATが利用する901番ポートを空ける。

/etc/rc.d/init.d/xinetd restart

http://192.168.0.10:901/
ID:root
パスワード:rootのパスワード
SambaへアクセスするUNIXユーザを作成する。

useradd hogehoge
passwd hogepass

smbpasswdでSamba独自のユーザも追加する。

smbpasswd -a hogehoge
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user hogehoge.

共有のディレクトリを作成する

cd /home/
mkdir share
chmod 777 share

publicの記述を追加して/home/shareが共有ディレクトリになるように設定してsmbを再起動。

cd /etc/samba/
vi smb.conf
-------------------------
[public]
path = /home/share
public = yes
only guest = yes
writable = yes
printable = no
volume = share
-------------------------
service smb restart

これでWindowsマシンから「\\192.168.0.10」へアクセスするとID、パスワードを求めれられるので、ここで作成したID、パスワードを入力すると、共有フォルダと自分のフォルダを利用できるようになる。

数年前に利用していたときは、日本語のファイル名の扱いがうまくいかなかったことを記憶しているが、今はもうスペースを含むファイル名も当然のごとく利用できてだいぶ環境は変わったようだといまさらながらに感激する。


Samba逆引きリファレンス Samba3.4対応
武田 保真 オープンソースソリューションテクノロジ
¥2,520
Pocket