協調型のスパム判定 Vipul’s Razorインストール

Pocket

協調型のスパム判定Vipul’s Razorをインストールすることでspamassassinのスパム判定に自動で更新される要素を追加することができる。

【参考サイト】
Linuxで自鯖 B-Wiki自宅サーバー構築メモ AntiSpam
http://www.kuri3.net/modules/bwiki/index.php?AntiSpam#content_1_2

Vipul’s Razor
http://razor.sourceforge.net/

CPANでPerlのモジュールをインストールする。CPANを初めて利用する場合は初期設定が出てくるが基本的はエンターを押すだけでOK。ミラーサイトは日本のサイトを選択する。

perl -MCPAN -e shell
o conf prerequisites_policy follow
install LWP MD5
install Net::Ping Net::DNS Time::HiRes Digest::SHA1 Getopt::Long File::Copy Digest::Nilsimsa URI::Escape

SDKとエージェントの両方をインストールする。

cd /usr/local/src/
wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/razor/razor-agents-sdk-2.07.tar.bz2
tar jxvf razor-agents-sdk-2.07.tar.bz2
cd razor-agents-sdk-2.07
perl Makefile.PL
make
make test
make install
cd /usr/local/src/
wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/razor/razor-agents-2.84.tar.bz2
tar jxvf razor-agents-2.84.tar.bz2
cd razor-agents-2.84
perl Makefile.PL
make
make test
make install

Razor2の設定ファイルの作成と登録を行う。メールアドレスuser@example.comとパスワードpasswordは適宜変更してください。

razor-admin -d -create -home=/etc/razor
razor-admin - -register -home=/etc/razor -user="user@example.com" -pass="password"

spamassassinの再起動でRazorモジュールを有効にすることができる。

/etc/init.d/spamassassin restart

今回導入したのはPleskのサーバだったのでpsa-spamassassinという実行ファイルでspamassassinを再起動した。
maillogやスパムチェックしたメールのヘッダーにRAZOR2_CF_RANGE_51_100,RAZOR2_CHECKなどの文字が出てくるようになるので、有効になっていればわかる。

/etc/init.d/psa-spamassassin restart

念のため判定サーバのリストを毎日更新しておく。

crontab -e
------------------------------------------------
0 2 * * * /usr/bin/razor-admin -discover > /dev/null 2>&1
------------------------------------------------
Pocket