Apache LTSVフォーマットでのログ出力設定

Pocket

Apacheにおいて、tab区切りでラベル付けされたLTSVフォーマットでログ出力をする設定。

公式サイト: Labeled Tab-separated Values

ApacheがLTSVフォーマットで出力できるように設定ファイルhttpd.confLogFormatに登録する。ここではcombinedltsvの両方のフォーマットでログを保存することにする。

フォーマットの内容はカスタマイズできるものなので決まった書式はないが、ここでは公式サイトに例として書かれているものを採用している。

マルチドメインで運用している場合は、vhostでホスト名が出てくれるだけでもありがたい

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
--------------------------------------
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common
LogFormat "%{Referer}i -> %U" referer
LogFormat "%{User-agent}i" agent
LogFormat "time:%t\tforwardedfor:%{X-Forwarded-For}i\thost:%h\treq:%r\tstatus:%>s\tsize:%b\treferer:%{Referer}i\tua:%{User-Agent}i\treqtime_microsec:%D\tcache:%{X-Cache}o\truntime:%{X-Runtime}o\tvhost:%{Host}i" ltsv
--------------------------------------

サーバ全体のログの出力についてはhttpd.confに記述する。デフォルトではログの出力がcombined形式になっているので先ほど追加したltsvも追加しておく。

LTSVだけで出力したい場合はcombinedの行をコメントアウトすればよい。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
--------------------------------------
CustomLog logs/access_log combined
CustomLog logs/access_log.ltsv ltsv
--------------------------------------

バーチャルドメイン毎の設定についてはVirtualHostディレクティブの中に記述する。

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot /var/www/example.com/htdocs
ServerName www.example.com
CustomLog logs/www.example.com.access_log combined
CustomLog logs/www.example.com.access_log.ltsv ltsv
</VirtualHost>

設定の記述が合っているか確認してからApacheを再起動する。

# apachectl -t
Syntax OK
# apachectl graceful

LTSVフォーマットのログは/var/log/httpd/access_log.ltsv/var/log/httpd/www.example.com.access_log.ltsvに出力されるようになる。再起動した時点で空のログファイルで生成されるのでlsコマンドで存在しているか確認しておく。ここでは、実際にはll(つまりls -l)を使用している。

# ll /var/log/httpd/access_log.ltsv
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jul  7 21:20 /var/log/httpd/access_log.ltsv

念のため、実際にブラウザでアクセスしたときに本当にログがリアルタイムに出力されているかtail -fコマンドを利用して確認しておくとよいだろう。

tail -f /var/log/httpd/access_log.ltsv
--------------------------------------
ログの出力をリアルタイムで確認、Ctrl+Cで終了
--------------------------------------

このままでは、ログのローテーションの対象に*access_log.ltsvが含まれないので/etc/logrotate.d/httpd/var/log/httpd/*ltsvがローテーション対象に含まれるよう設定を追加する。

vi /etc/logrotate.d/httpd
--------------------------------------
/var/log/httpd/*log /var/log/httpd/*ltsv{
missingok
notifempty
省略
}
--------------------------------------
Pocket