emacs-rails (rails-mode)のインストール

CentOSでyumを使ってインストールできるEmacsのバージョンではemacs-rails (rails-mode)
を利用できないのでEmacs22.2をソースからインストールする。

すでにEmacsをインストールしている場合はアンインストールする

rpm -e emacs-common ruby-mode emacs

emacsをソースからインストール

cd /usr/local/src
wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/emacs/emacs-22.2.tar.gz
tar zxvf emacs-22.2.tar.gz
cd emacs-22.2
./configure
make
make install

Emacs-Lispのファイルをダウンロードしてパスの通っているディレクトリに配置する。

cd /usr/local/src
wget http://rubyforge.org/frs/download.php/20976/emacs-rails-0.5.99.5.tar.gz
tar zxvf emacs-rails-0.5.99.5.tar.gz
mv emacs-rails /usr/local/share/emacs/22.2/site-lisp/rails/
wget http://www.webweavertech.com/ovidiu/emacs/find-recursive.txt
mv find-recursive.txt /usr/local/share/emacs/22.2/site-lisp/
wget http://www.kazmier.com/computer/snippet.el
mv snippet.el /usr/local/share/emacs/22.2/site-lisp/

最後に.emacsを編集して以下の設定を追加する。

vi .emacs
----------------------------------------------------------------------
(defun try-complete-abbrev (old)
(if (expand-abbrev) t nil))
(setq hippie-expand-try-functions-list
'(try-complete-abbrev
try-complete-file-name
try-expand-dabbrev))
(require 'cl)
(require 'rails)
----------------------------------------------------------------------

Rubyを最新ソースからインストール

すでに、Rubyをパッケージでインストールしている場合は、事前にアンインストールしておきます。

yum remove ruby

Rubyをコンパイルするために必要なパッケージを、yumでインストールします。

yum -y install gcc zlib-devel openssl-devel readline-devel libffi-devel

Rubyの最新のソースは、公式サイトからダウンロードしてください。

cd /usr/local/src
wget https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.0.tar.gz
tar zxvf ruby-2.4.0.tar.gz
cd ruby-2.4.0
./configure
make
make install

Rubyを実行してバージョンを確認します。

ruby -v
ruby 2.4.0p0 (2016-12-24 revision 57164) [x86_64-linux]

デフォルトで/usr/local/bin/rubyにインストールされますが、/usr/bin/rubyでも実行したい場合は、シンボリックリンクを作成しておきます。

ln -s /usr/local/bin/ruby /usr/bin/ruby
[カテゴリー Ruby]

Ruby/MySQLのインストール

CentOS5にRubyからMySQLを操作するためのモジュールRuby/MySQLをインストールします。
MySQLが入っていない場合はまずインストールします。

yum -y install mysql-server
chkconfig mysqld on
chkconfig --list mysqld
mysqld          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
/etc/rc.d/init.d/mysqld start

MySQLのユーザrootのパスワードを設定します。

mysqladmin -u root password 'pass'

最後にRuby/MySQLをダウンロードしてインストールします。
最新版はプロジェクトのサイトで確認してください。
http://www.tmtm.org/ruby/mysql/

wget http://www.tmtm.org/ruby/mysql/ruby-mysql-0.2.6.tar.gz
tar zxvf ruby-mysql-0.2.6.tar.gz
cd ruby-mysql-0.2.6
ruby ./setup.rb
ruby ./test.rb localhost root pass
connect.............ok
create_db...........ok
create_table........ok
insert..............ok
select..............ok
update..............ok
drop_table..........ok
drop_db.............ok
close...............ok
ruby ./install.rb

自分で書いたスクリプトでテストしてみましょう。
sql.rbという名前で下の内容のテキストを作成してください。

#!/usr/bin/ruby
require "mysql"
my = Mysql::new("localhost", "root", "pass", "mysql")
res = my.query("select * from user")
res.each do |row|
p row
end

実行してデータベース「mysql」のテーブルuserの内容が表示されればOKです。

chmod 755 sql.rb
./sql.rb