タイムゾーンを日本時間(JST)に変更する CentOS 7, 6

Pocket

DigitalOceanなど海外のサーバを借りると、タイムゾーンがUTCになっていて、ログをみても時間の感覚がつかめなかったり、ログの情報を読む際に日本時間と勘違いしてしまったりする。

普段からJSTで運用してる場合は、タイムゾーンはJSTに統一しておいた方がよいだろう。

CentOS 7の場合

CentOS 7ではタイムゾーンはtimedatectlコマンドで設定する。

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
# timedatectl status
Local time: Wed 2015-10-28 08:14:11 JST
Universal time: Tue 2015-10-27 23:14:11 UTC
RTC time: Tue 2015-10-27 23:14:11
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: n/a
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

設定できるタイムゾーンはlist-timezonesサブコマンドで確認できる。

# timedatectl list-timezones
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
Africa/Algiers
...以下略

CentOS 6の場合

CentOS 6の場合は/usr/share/zoneinfo/Japan/etc/localtimeにコピーすることでタイムゾーンを設定することができる。

# date
Thu Apr  9 02:19:48 UTC 2015
# cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
cp: overwrite `/etc/localtime'? y
# date
Thu Apr  9 11:19:54 JST 2015

ログの時間にタイムゾーンを反映させるには各種サービスを再起動する必要があるので、サーバ自体を再起動することをおすすめする。

Pocket