digのインストール

CentOSの環境によっては、digコマンドがインストールされていない場合がある。

digはbind-utilsというパッケージに含まれているので、yumでインストールする。

yum -y install bind-utils

パッケージの探しかた

実は、yum search digと実行してもパッケージは見つからない。

digがどのパッケージに含まれるかを知りたい場合は、次のようにして調べるとよい。

まずはdigがどこにあるか調べる。
(当然、digを使用できるCentOS環境で実行すること。)

which dig
/usr/bin/dig

つぎにrpmコマンドでファイルの所属を確認する。

rpm -qf /usr/bin/dig
bind-utils-9.9.4-29.el7_2.4.x86_64

バッククォートを使うと一行で確認できる。

rpm -qf `which dig`
bind-utils-9.9.4-29.el7_2.4.x86_64

このようにして、yum searchは見つからないパッケージを調べる事ができる。

[カテゴリー BIND] [タグ ]

digの使い方

ネームサーバの挙動を調べるのに便利なdigの使い方
ネームサーバがns1.example.jpの場合
Aレコードを調べる

dig @ns1.example.jp www.example.com

MXレコードを調べる

dig @ns1.example.jp example.com mx

NSレコードを調べる

dig @ns1.example.jp example.com ns

再帰的な問い合わせをしない

dig @ns1.example.jp www.example.com +norec

ゾーンの転送

dig @ns1.example.jp example.com axfr

BIND9によるDNSサーバ構築
川原 龍人 伊藤 宏通 野津 新
¥2,919
[カテゴリー BIND] [タグ ]

BIND マスターからスレーブへのゾーン再転送 rndcコマンド

BINDでマスターサーバからスレーブサーバへにゾーン情報を強制的に再転送する場合。

設定をリロードしただけではゾーン情報が転送されないときには
rndcコマンドのretransferオプションにおいてドメイン名を指定することで
プライマリサーバからゾーン情報を明示的に再転送することができる。

rndc retransfer example.com

BIND9によるDNSサーバ構築
川原 龍人 伊藤 宏通 野津 新
¥2,919