Rubyを最新ソースからインストールする (グローバルインストール)


Rubyをソースコードからシステムのグローバルにインストールする方法について説明します。

すでに、Rubyをパッケージでインストールしている場合は、事前にアンインストールしておきます。

yum remove ruby

Rubyをコンパイルするために必要なパッケージを、yumでインストールします。

yum -y install gcc make zlib-devel openssl-devel readline-devel libffi-devel

Rubyの最新のソースは、公式サイトからダウンロードしてください。

cd /usr/local/src
curl -O https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/3.1/ruby-3.1.2.tar.gz
tar zxvf ruby-3.1.2.tar.gz
cd ruby-3.1.2
./configure
make
make install

rubyコマンドを実行してバージョンを確認します。

ruby -v
ruby 3.1.2p20 (2022-04-12 revision 4491bb740a) [x86_64-linux]

rubyコマンドはデフォルトで/usr/local/bin/rubyにインストールされますが、/usr/bin/rubyでも実行したい場合は、シンボリックリンクを作成しておきます。

ln -s /usr/local/bin/ruby /usr/bin/ruby


[カテゴリー Ruby]